事業案内

おおさかメンタルヘルスケア研究所は、心療内科、精神科の附属クリニックを擁し、職場のメンタルヘルス事業、メンタルヘルス啓発のための講演会、専門職を対象とした研修会、セミナーを開催するなど、メンタルヘルスケアに総合的にかかわる一般社団法人です。

職場のメンタルヘルス支援事業

労働安全衛生法の改正により50人以上の事業所では、毎年1回ストレスチェックを行うことが、事業所に義務付けられました。当法人ではストレスチェックを施行し、その結果を本人にお返しするとともに、法律で義務付けられている高ストレス者に対する医師面談、集団分析も行います。

職場のメンタルヘルス相談、職場で発生する精神疾患の予防、復職判定や復職支援についてのアドバイスなどを行います。職場のメンタルヘルス支援パッケージを事業所と相談して作成し、職場のメンタルヘルス向上に積極的に関わっていきます。

講演会・研修・セミナーの企画と実施

メンタルヘルス啓発のための講演会・研修・セミナ一を、一般の人のみならず事業所向けにも企画していきます。パッケージ化されたテーマだけではなく、対象のニーズに合った新しいテーマについての研修やセミナ一をご提案し、実施します。
さらに、日常生活に簡単に取り入れられる心の健康を維持するための技法や、認知行動療法をメインとした考え方や物事の捉え方を変容させることにより心身の健康度の改善に役立つ心理学的手法の講座についても企画・実施していきます。

書籍・パンフレットなどの発行

メンタルヘルスに関わる理解を深めていただくため、書籍や啓発パンフレットを作成します。

ごあいさつ

代表理事・OMCIクリニック院長 藤本 修

代表理事・OMCIクリニック院長
藤本 修

ストレス社会といわれる現在、人々はこころの健康を維持していくことが困難になっています。
うつ病、適応障害、パニック障害などの精神疾患が増加し、発達障害、パーソナリティ障害と診断される人も増えてきています。
これらの精神疾患の対応については、精神医学的な面からの知識や診療技法の駆使のみでは充分ではなく、医療や福祉に関わる様々な専門職との協働が欠かせません。
精神科医、臨床心理士、精神保健福祉士、保健師、看護師などの専門職が連携を取りながら、診療にそしてメンタルヘルス啓発に取り組んでいきたいと考えています。

理事・メンタルヘルス事業部門長 枚田 香

理事・メンタルヘルス事業部門長
枚田 香

現代社会では、経営者による従業員ひとりひとりに対するメンタルヘルスケアが求められています。OMCIのメンタルヘルス事業部門では、2015年12月に義務化されたストレスチェックをはじめとする職場のメンタルヘルスケア全般のお手伝いをさせていただきます。
単にストレスチェックを実施するだけではなく、ストレスチェック結果を職場の活性化に役立てるための集団分析レポート作成、職場のニーズに合わせたメンタルヘルス研修実施、気軽に相談できるカウンセリング制度づくりなとをお手伝いいたします。
また、医療との連携がとれる法人ならではの包括的なサービスが強みです。

メンタルヘルス事業部へのお問い合わせ
tel.06-6227-8439
月・水 15:30〜19:00 / 金 9:30〜12:30 / 第1・3・5 土 9:30〜14:00
メールでのお問い合わせ
PAGE TOP